厄除けが日本に伝わってからの歴史

厄除けが日本に伝わってからの歴史

厄除けというのは、中国が始まりだと言われています。
中国には陰陽道というものがあり、それが平安時代に日本へと伝わって来たとされているのです。

 

ですのでそれ以前には日本では厄除けという観念はなく、そこから厄除けの歴史は始まっていくのです。
また伝わってきた当初というのは、貴族だけのものでした。
そのため世間に広く知れ渡るのには少々時間がかかり、平安時代の後期になってから一般的に知られるようになっていったのです。

 

 

このように世間一般に常識として知られるようになると、様々な決まりのようなものが登場してきました。

 

その一つが厄年です。

 

男性では25歳、42歳、61歳となっており、女性の場合ですと19歳、33歳、37歳とされています。
その中でも男性は42歳、女性は33歳をもって大厄となされます。

 

因みに厄の年齢というのは、数え年で数えることとされています。
こうした流れの中、厄年の時に厄払いをする習慣も出てきました。

 

このような厄年というものは、現在でも知識として広く伝えられています。
ですが長い歴史の中で、徐々にその様子にも変化が表れてきているのです。
その一番の大きな変化というのが、厄除けの捉え方です。
長い厄除けの歴史の中では、厄は忌み嫌われる存在としての意味合いが強いものでした。

 

しかし現在では、人生の節目に行う祭りの「人生儀礼」となってきているのです。
これは子供の成長を祈り、または祝う、例えば七五三や成人式、お宮参りといったものが当てはまります。
そうしたお祝いのお祭りと同位置に、現在では厄除けも置かれるようになってきているのです。

 

こうしたものは全て、神様と出会う為の各家庭でのお祝い行事とされています。
こうして現在では、お祝い行事という認識をなされるようになってきた厄除けなのですが、
その厄年の過ごし方にも同じように変化が表れてきました。

 

昔は厄年には何か新しいことを始めるのは良しとされず、逆に控えるべきという認識が強くありました。
しかしお祝い行事として捉えられるようになってからは、
厄年に結婚や出産、または家を新築したりといった事が進んでなされるようになっていったのです。

 

これは、このようなお祝い事を厄年にすることによって、厄除けや厄払いになるといった考えに変わってきた証拠とも言えるでしょう。
但しこうした考え方は、まだ全国に広まっているわけではありません。
地域的に徐々に広まりを見せている段階なのです。