厄祓いの歴史と風習について

厄祓いの歴史と風習について

「厄祓い」という言葉を聞いたことはあっても、どのようなものなのか正確には分からないという人も多いのではないでしょうか。
これから記述するのは、厄祓いの歴史などについてです。
まず、「厄祓い」とは、人生を無事安泰に過ごすことが出来るよう祈願するということを指します。
厄年に行われることが多いですが、それ以外に行われることもあります。
その歴史は非常に古く、平安時代には既に存在していたと言われています。

 

ただし、その根拠や起源は曖昧ではありますが、今現在でも風習として残っています。
厄祓いを行なうことの多い厄年は、性別により異なります。

 

男性の場合は、25歳・42歳・61歳の3回、女性の場合は19歳・33歳・37歳と言われています。
この際の年齢は、いずれも数え年になります。

 

また、女性の33歳の厄年は、大厄と呼ばれており、大きな災厄を呼びやすいともされています。
歴史が深く、風習として行なうことの多いものですが、厄年に挙げられている年齢は、
いずれの場合も人生の転機を迎えやすい時期にあたりますので、そのような影響もあるのかもしれません。

 

また、厄年の1年前を前厄、後の1年を後厄と呼びます。
この時期は変化が訪れやすいということを事前に把握することで、生活を改めるきっかけとなるのかもしれません。

 

厄祓いは、神社もしくはお寺で受けることが出来ます。
神社の場合は厄祓い、お寺の場合は厄除けと呼ばれます。
どちらが良い・悪いということはなく、地域や家族の風習に従って行われるのが一般的です。
ただし、どのお寺や神社でも受けることが出来るとは限りませんので、事前に確認してから訪れるようにしましょう。
その際の服装には特に、決まりはありませんが、男性であればスーツにネクタイ、
女性であれば襟付きの洋服やワンピースということが多いようです。

 

いずれも、派手すぎない服装や露出の多すぎる服装は避けたほうが無難です。
神社やお寺の中には、服装についての指示がある場合もありますので、問い合わせてみると良いでしょう。

 

最近では、ホームページを開設している神社やお寺も多く、そこで調べることも出来ますが、電話などで問い合わせることも出来ます。
神社やお寺では、靴を脱ぐ機会が多いため、素足ではなく靴下やストッキングなどは必ず履くにしましょう。
多くの場合は、複数人で祈祷を受けることになりますので、服だけではなく、靴などについても気を遣うようにしましょう。