昔からの厄除けや厄払い、お祓いなどの風習や現代にも続いている還暦祝いなどの風習について

厄年や厄除けについて

厄とは災難のことで、生きている限り何らかの要因で、ある程度はかかってきます。
怪我や事故や病気などですが、それらをできるだけ回避するように工夫することが、厄除けです。
男女にはそれぞれ、災厄に見舞われやすい年齢があります。
この年齢のことを厄年というのですが、具体的には男性の場合は、25歳と42歳が厄年となります。

 

女性の場合は、19歳と33歳と37歳が厄年です。
そして61歳は、男女両方に共通する厄年となっています。

 

これらの厄年には根拠があり、たとえば男性の場合は25歳頃は、
家族を養っていくために仕事に精を出さなければならない時期です。

 

昇進など、その後の人生で成功できるかどうかも、この時期の過ごし方で大きく左右されることになります。

 

女性の場合は19歳頃は結婚によって人生が大きく変化する時期です。
一生涯の幸せや不幸が、この時期に決まると言っても過言ではありません。
そういった重責から、この時期には体調や精神面でのバランスを崩しやすいのです。

 

もちろん、厄年となっている年齢の時に、ちょうど災厄が降りかかってくるとは限りません。
多少ずれることもあるため、厄年には前厄と後厄とがあるのです。
それぞれ厄年の前後の年齢が該当することになっています。
前厄と後厄にもトラブルが生じやすいので、つまり厄年の前後の年齢も含めて、注意することが必要になります。
そしてその災厄を少しでも回避しやすくするために、厄除けがおこなわれているのです。

 

体調も精神的なバランスも、日々の生活次第で崩さないようにすることが可能ですが、
自身に原因のない事故や災害などは、自分ではコントロールできません。
ただでさえトラブルを生じやすい時期に、そういった問題まで起これば、非常に生きづらくなってしまいます。

 

そのため多くの人が、厄年またはその前後の年に、何らかの方法で厄除けをおこなっています。

 

厄除けの方法には色々なものがあり、特によくおこなわれているのが、神社でお守りをもらうことです。
神社では、厄年用のお守りが男女それぞれに用意されています。
それを日頃から身につけていると、神仏の加護を受けやすくなることから、災厄を回避できるようになると言われています。
また、お守りをもらうだけでなく、神社で厄除けの祈祷を受ける人も多くいます。
迷信と考える人も多いのですが、たとえば初宮参りや七五三などの古くから続けられている儀式も、一種の厄除けです。

 

伝統として受け継がれている事実が、厄除けに大きな意味や効果があることを物語っていると言えます。