厄年や厄除けについて

厄とは災難のことで、生きている限り何らかの要因で、ある程度はかかってきます。怪我や事故や病気などですが、それらをできるだけ回避するように工夫することが、厄除けです。 男女にはそれぞれ、災厄に見舞われやすい年齢があります。この年齢のことを厄年というのですが、具体的には男性の場合は、25歳と42歳が厄年となります。女性の場合は、19歳と33歳と37歳が厄年です。そして61歳は、男女両方に共通する厄年となっています。 これらの厄年には根拠があり、たとえば男性の場合は25歳頃は、家族を養っていくために仕事に精を出さなければならない時期です。昇進など、その後の人生で成功できるかどうかも、この時期の過ごし方で大きく左右されることになります。女性の場合は19歳頃は結婚によって人生が大きく変化する時期です。一生涯の幸せや不幸が、この時期に決まると言っても過言ではありません。そういった重責から、この時期には体調や精神面でのバランスを崩しやすいのです。 もちろん、厄年となっている年齢の時に、ちょうど災厄が降りかかってくるとは限りません。多少ずれることもあるため、厄年には前厄と後厄とがあるのです。それぞれ厄年の前後の年齢が該当することになっています。前厄と後厄にもトラブルが生じやすいので、つまり厄年の前後の年齢も含めて、注意することが必要になります。 そしてその災厄を少しでも回避しやすくするために、厄除けがおこなわれているのです。体調も精神的なバランスも、日々の生活次第で崩さないようにすることが可能ですが、自身に原因のない事故や災害などは、自分ではコントロールできません。ただでさえトラブルを生じやすい時期に、そういった問題まで起これば、非常に生きづらくなってしまいます。そのため多くの人が、厄年またはその前後の年に、何らかの方法で厄除けをおこなっています。 厄除けの方法には色々なものがあり、特によくおこなわれているのが、神社でお守りをもらうことです。神社では、厄年用のお守りが男女それぞれに用意されています。それを日頃から身につけていると、神仏の加護を受けやすくなることから、災厄を回避できるようになると言われています。また、お守りをもらうだけでなく、神社で厄除けの祈祷を受ける人も多くいます。 迷信と考える人も多いのですが、たとえば初宮参りや七五三などの古くから続けられている儀式も、一種の厄除けです。伝統として受け継がれている事実が、厄除けに大きな意味や効果があることを物語っていると言えます。

厄除けが日本に伝わってからの歴史

厄除けというのは、中国が始まりだと言われています。 中国には陰陽道というものがあり、それが平安時代に日本へと伝わって来たとされているのです。 ですのでそれ以前には日本では厄除けという観念はなく、そこから厄除けの歴史は始まっていくのです。 また伝わってきた当初というのは、貴族だけのものでした。 そのため世間に広く知れ渡るのには少々時間がかかり、平安時代の後期になってから一般的に知られるようになっていったのです。 このように世間一般に常識として知られるようになると、様々な決まりのようなものが登場してきました。 その一つが厄年です。 男性では25歳、42歳、61歳となっており、女性の場合ですと19歳、33歳、37歳とされています。 その中でも男性は42歳、女性は33歳をもって大厄となされます。 因みに厄の年齢というのは、数え年で数えることとされています。 こうした流れの中、厄年の時に厄払いをする習慣も出てきました。 このような厄年というものは、現在でも知識として広く伝えられています。 ですが長い歴史の中で、徐々にその様子にも変化が表れてきているのです。 その一番の大きな変化というのが、厄除けの捉え方です。 長い厄除けの歴史の中では、厄は忌み嫌われる存在としての意味合いが強いものでした。 しかし現在では、人生の節目に行う祭りの「人生儀礼」となってきているのです。 これは子供の成長を祈り、または祝う、例えば七五三や成人式、お宮参りといったものが当てはまります。 そうしたお祝いのお祭りと同位置に、現在では厄除けも置かれるようになってきているのです。 こうしたものは全て、神様と出会う為の各家庭でのお祝い行事とされています。 こうして現在では、お祝い行事という認識をなされるようになってきた厄除けなのですが、その厄年の過ごし方にも同じように変化が表れてきました。 昔は厄年には何か新しいことを始めるのは良しとされず、逆に控えるべきという認識が強くありました。 しかしお祝い行事として捉えられるようになってからは、厄年に結婚や出産、または家を新築したりといった事が進んでなされるようになっていったのです。 これは、このようなお祝い事を厄年にすることによって、厄除けや厄払いになるといった考えに変わってきた証拠とも言えるでしょう。 但しこうした考え方は、まだ全国に広まっているわけではありません。 地域的に徐々に広まりを見せている段階なのです。

厄祓いのことを知ろう

知らず知らずに厄年を気にしていたり、何か悪いことが続けばなにか巡り合わせが悪いのではないかと考えたり、日本人の生活には科学では説明できないものが根付いています。だからこそ、厄祓いをして、少しでも悪いものを取り除こうとするのです。 しかし、そもそも厄とは何かという基本的なことを、理解している人はどれだけいるのでしょう。 厄とは辞書で災厄や人に降りかかる苦しみを意味するとされています。 この厄とは、自然に発生するものではなく、疫病神などがもたらすものと考えられています。それゆえに、厄を避けるために神を饗応するなどの祭事が行われてきました。 厄祓いは、厄除けとも呼ばれることがあります。 基本的な考えとして、人生の節目に当たる厄年にはとりわけ大きい厄に遭遇すると考えられています。そんときに厄祓いをすることで心身ともに清めて、災厄から身を守り運を開くと信じられているのです。 厄払いをする時期つまり厄年は、人生に男性は3回女性は4回あるとされています。男性の場合25歳、42歳、61歳のが本厄で、前年が前厄で後年が後厄です。一方女性の場合には19歳、33歳、37歳、61歳で同様に前厄と後厄があります。特に男性の42歳と女性の33歳は、厄年の中でも最も運気が落ちる本厄として扱われ注意するべきだとされています。 この厄年が決められたのは、中国から渡ってきた陰陽道の考えが起源であるというのが一つの説です。 厄祓いをするタイミングは、伝統的井正月の松の内、そして節分と言われています。ですが、厄は厄年だけでなく日々の生活で蓄積されていくものであり、こまめに厄祓いをすることで、清らかな生活を送ることも出来ます。 ある程度の規模の神社などでは、厄祓い祈願を毎日行っているところがありますから、インターネット等で調べてみることです。 さて、具体的に厄祓いでについてみていきます。 主にお寺か神社でやってくれるのですが、祈祷の流れは以下の通りです。 厄祓いをしたいところに連絡をしてから祈祷をしてもらう日を決めます。毎日祈祷をしている場合には、受付時間に出向いて用紙に記入します。当日お堂か社務所に赴き、料金にあたる初穂料を渡します。金額は寺、神社ごとに異なりますが、5000円、1000円前後程度がおおよその相場です。そこから祈祷をする本殿、道内へと場所を移し、住職、宮司に祈祷を挙げてもらいます。そのために名前など必要なことを尋ねられます。用紙に名前を記入している場合には不要です。祈祷が終わったらお守りやお札などが渡されます。せいぜい30分程度です。もらったお守りやお札は厄年の間身に着けて、終わったら境内やお堂に収めます。一年間お守りやお札に守ってもらったという感謝の気持ちを込めて、神社であればお焚き上げ料、お寺であれば焼納料を添えます。

厄祓いの歴史と風習について

「厄祓い」という言葉を聞いたことはあっても、どのようなものなのか正確には分からないという人も多いのではないでしょうか。 これから記述するのは、厄祓いの歴史などについてです。 まず、「厄祓い」とは、人生を無事安泰に過ごすことが出来るよう祈願するということを指します。厄年に行われることが多いですが、それ以外に行われることもあります。 その歴史は非常に古く、平安時代には既に存在していたと言われています。ただし、その根拠や起源は曖昧ではありますが、今現在でも風習として残っています。 厄祓いを行なうことの多い厄年は、性別により異なります。男性の場合は、25歳・42歳・61歳の3回、女性の場合は19歳・33歳・37歳と言われています。この際の年齢は、いずれも数え年になります。また、女性の33歳の厄年は、大厄と呼ばれており、大きな災厄を呼びやすいともされています。 歴史が深く、風習として行なうことの多いものですが、厄年に挙げられている年齢は、いずれの場合も人生の転機を迎えやすい時期にあたりますので、そのような影響もあるのかもしれません。 また、厄年の1年前を前厄、後の1年を後厄と呼びます。この時期は変化が訪れやすいということを事前に把握することで、生活を改めるきっかけとなるのかもしれません。 厄祓いは、神社もしくはお寺で受けることが出来ます。神社の場合は厄祓い、お寺の場合は厄除けと呼ばれます。 どちらが良い・悪いということはなく、地域や家族の風習に従って行われるのが一般的です。ただし、どのお寺や神社でも受けることが出来るとは限りませんので、事前に確認してから訪れるようにしましょう。その際の服装には特に、決まりはありませんが、男性であればスーツにネクタイ、女性であれば襟付きの洋服やワンピースということが多いようです。いずれも、派手すぎない服装や露出の多すぎる服装は避けたほうが無難です。神社やお寺の中には、服装についての指示がある場合もありますので、問い合わせてみると良いでしょう。最近では、ホームページを開設している神社やお寺も多く、そこで調べることも出来ますが、電話などで問い合わせることも出来ます。神社やお寺では、靴を脱ぐ機会が多いため、素足ではなく靴下やストッキングなどは必ず履くにしましょう。 多くの場合は、複数人で祈祷を受けることになりますので、服だけではなく、靴などについても気を遣うようにしましょう。

「お寺」と「神社」の違いと、「仏教の教え」について

日本国内に「お寺」と呼ばれる建物は沢山あります。そもそも「お寺」とはどういったもののことを指すのでしょう。お寺とは正確には寺院と呼ばれ、仏教における出家者が仏教的儀式を行うための施設のことです。もっと簡単に言いますと、仏教徒の僧侶が住むところが寺院になります。「神社」との違いが良く分からないという方もいると思いますが、神社とは神道に属する施設で、日本の神様が祀られているところです。また神社には必ず鳥居がありますが、寺院には鳥居はありません。鳥居には神様の住む領域と人間の住む領域を分け隔てる意味があります。寺院にはそういったものがありません。このことから寺院に訪れる人達は、仏様(ご本尊)の存在をより身近に感じることが出来ます。日本全国にお寺は約75000か所存在しています。県別で見ますと愛知県が一番多く、次いで大阪、滋賀、兵庫、京都といったところに多くあります。愛知に寺院が一番多い理由には様々ありますが、江戸時代の尾張徳川家の侍達が戦の際に寺院に寝泊まりすることがあり、多くの侍を擁していた徳川家は多くの寺院を必要としていたというのが、一番の理由とされています。次に仏教とはどのような教えなのかを説明していきます。仏教では「全ての事象には原因があります。結果を良いものにしたいのならば、その結果を招いた原因を変えなければなりません」というのが基礎の教えになっています。四字熟語でいうところの「因果応報」となります。この教えを「カルマの法則」と呼びます。原因を良いものにするための規則(やってはいけないこと)として5つ挙げられています。1.殺したり、残酷な行為 2.盗む行為 3.よこしまな性行為 4.嘘をつく行為 5.麻薬や酒などに酔いしれる行為 の5つです。この5つの行為をしないことを守れない人間には、幸福が訪れないとされています。しかし、この5つの行為をせずに日々過ごしているのに、幸福になれない人がいます。なぜその人が幸せになれないかというと、良い行いをしていないからです。良い行いをして良い種を人生という土壌に蒔きつづければ、やがて幸福という名の芽が出て花が咲くのです。積極的に良い行いをしていかなければなりません。良い結果を生むのは良い原因から、悪い結果を生むのは悪い原因から。そのことを理解し原因を自己でコントロールすることが出来るようになれば、良い結果もコントロール出来るようになります。そのことを理解して生きていけるかどうかが今後の人生に大きく影響していきます。

神社あるところに神があり日本独自の宗教神道とは

日本は世界的に見れば仏教国という認識がされていますが、実は多くの人が同時に神道という日本独自の宗教を大切にしています。 神道とは、日本古来の神々を信仰した宗教です。 仏教には釈迦が、キリスト教にはイエス・キリストが、イスラム教にはマホメットとそれぞれの宗教の開祖がありますが、神道にはそうした存在はなく、また日本古来の神様は仏や主やアッラーのような唯一の絶対的な存在といった認識ではありません。 我が国では古来より、自然やモノといったありとあらゆるものに神が宿ると考えられ、これを八百万の神々と呼びそれぞれを尊び大切にしてきたのです。 現在、日本の各地に神社がありますが、これはこうした神様を祀る施設に当たります。 神社の数は全国で8万以上あると言われますが、これはそれだけ多くの神様が祀られ、そして多くの人がそれを信仰していたという証でもあるのです。 さて、神道の歴史は古事記や日本書紀といった古い歴史書にも記載されているように遥か昔から信仰され、国の成立とともに連綿と続いています。 転機となったのは、今から1500年ほど前に中国から仏教が伝来してきた時です。 次第に浸透してきた仏教に対し、この日本の固有の宗教はそこではじめて「神道」という言葉で表されるようになったのです。 その後、奈良時代に入って仏教が国家宗教となった際に、仏と日本の古来からの神を同体とみて一緒に祀ることになりました。 これが後の本地垂迹説と呼ばれるものです。 多くの国では、元来からある宗教と新たに入ってきた宗教との間で争いが起き、このような本地垂迹説が成立することはほとんど考えられないとされています。 我が国でも、仏教が伝来してきた当初は排斥する者もいなかったわけではありませんが、元々教義もなく開祖もいない神道とあってあまり問題もなく本地垂迹説が受け入れられてきたのです。 しかし、これが再び転機が訪れ、江戸幕府が倒れ明治の世に入ると本地垂迹説は一気に廃れ、仏と神はまた分離されることになりました。 そして、それまで国家宗教と認識されていた仏教が軽んじられ、神道を国教としようという動きが活発化してきたのです。 こうして廃仏毀釈運動が起こり、多くの寺院が打ち壊しになったり、仏像や宝物が流出する事態となったのです。 こうしたことに危機感を持った寺の一部には、神社に変化したところもありました。 たとえば、藤原氏の始祖である藤原鎌足を祀った妙楽寺は、この時談山神社となったのです。 第二次世界大戦の後はこうした動きも治まり、神道は再び民間信仰として捉えられているとされています。